2015年12月09日

LOH症候群とは?(男性の更年期障害)

男性ホルモンの低下で起きる症状を、「LOH症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)と名づけています。その数は600万人とも。分かりやすく紹介します。

最近、何事にもやる気が出ない、疲れやすい…。実は、年のせいではなく「ホルモンの低下」が原因かもしれません。ホルモン低下といいますと、女性の更年期障害を思い浮かべますが、男性も女性の更年期に似た症状を訴えるケースがあるのです。

通常、男性ホルモンは年をとるにつれて緩やかに減って、70代で8.5pg/mlに近づいていきます。しかし、LOH症候群の場合、早いと40代50代でこの値を下回ってしまうのです。治療として、男性ホルモンを注射で補う治療をすると症状は大きく改善します。」「LOH症候群は、男性ホルモンの値が低い、ひとつの病気」だと指摘します。

男性ホルモンは主に精巣で作られます。筋肉や骨を作ったり、性機能を維持したりする役割のほか、脳の認知機能にも関わっていると考えられています。
 このため、男性ホルモンが減少すると、筋力が低下したり、骨粗しょう症になったりするほか、記憶力ややる気の低下といったさまざまな症状が出ます。
 さらに、男性ホルモンの減少にはストレスも大きく関わっていることが分かってきました。強いストレスが長時間続くと、脳のほうから精巣に男性ホルモンを出す指令が出なくなり、男性ホルモンが減るのです。さらに、男性ホルモンには肥満を抑える効果もあるため、ホルモンの減少に伴って内臓脂肪が増え生活習慣病のリスクも高くなると指摘します。
 
「女性の更年期障害は多くの場合、回復するが、男性の場合、待っていても回復しない。重症の場合、医師と相談した上で、男性ホルモンを注射で補充する治療が必要だ」と言わ
れています。

手軽にできるチェックリストもあります。
日本泌尿器科学会などのホームページでも紹介されています。
この中では、以下の17の項目が示されています。

「総合的に調子が思わしくない」
「関節や筋肉の痛み」
「ひどい発汗」
「睡眠の悩み」
「よく眠くなる、しばしば疲れを感じる」
「いらいらする」
「神経質になった」
「不安感」
「体の疲労や行動力の減退 」
「筋力の低下」
「憂うつな気分」
「絶頂期は過ぎたと感じる」
「力尽きた、どん底にいると感じる」
「ひげの伸びが遅くなった」
「性的能力の衰え」
「早朝勃起(朝立ち)の回数の減少」
「性欲の低下」

判定方法は、
それぞれの項目について、非常に重いを5点、無しを1点として、
「軽度」27点〜36点
「中等度」37点〜49点
「重度」50点以上、
となっています。

 こうしたチェック表を活用するほか、重要なポイントとして、朝の勃起が2週間以上ない場合は疑いが強いといわれています。さらに、予防や男性ホルモンを上げるためには、生活習慣の改善も重要です。


対策のポイントをまとめました。
まずは、『食事』。
脂肪分の摂取量が少ないと、ホルモンが低下するということで野菜だけでなく、肉や魚も適切にとることが重要です。たまねぎや、ねぎ類に含まれる成分が、男性ホルモンを高める働きがあるという研究結果もあります。

次に、『運動』。
激しい運動をたまに行うより、短時間でも継続して体を動かすことが効果的だといいます。

そして、『生きがい』。
ストレスを感じ、緊張状態が続くことが、男性ホルモンの分泌によくないということで、生活に張り合いが出るような趣味を楽しむことも大事だそうです。

皆さんも、是非この機会に、「LOH症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)について、正しい知識を整理し、生きがいのある日常生活を送りましょう。
posted by 鈴木文夫 at 17:13| 日記