2013年03月29日

「おしっこが近い」に潜む危険について 

NHKの「ためしてガッテン」で、平成25年3月6日の放送をご覧になりましたか?
「おしっこが近い」に潜む危険 なんと心臓がピンチ!?という題で、なかなか興味深かったです。
KEY WORDとしては、「夜間多尿による夜間頻尿」の原因が、実は、過活動膀胱だけではなく、「隠れ心不全」から生じている可能性があると、指摘したことです。今まで、「血サラサラ」のために、多量の水分摂取を推奨していましたが、これを訂正して、寝る前の「宝水」は、排尿のある人は脱水ではないので必ずしも必要ではないとはっきりと言い切りました。
 (実は、水を多く飲んでも頻尿になるだけで、血サラサラにはならないのです!)
この「夜間頻尿」は、泌尿器科医の診察で、てこずる難題で、「夜間頻尿」の原因は、多くの要因が複雑に絡んでいて、治りにくいのです。糖尿病の管理が悪く、口喝による多飲・多尿や、心不全・腎不全による、
足のむくみからの夜間多尿、肥満による睡眠時無呼吸症候群による夜間多尿など、その原因は数多く、しかも自覚症状がほとんど無いのが特徴です。
 さらに、高齢化がすすみ、夜間頻尿を訴える患者さんが多くなると、これは、やがて社会問題となるでしょう。夜間頻尿の回数と転倒の頻度には強い関連性があり、転倒から骨折して寝たきりになるお年寄りが多くなるかもしれません。「認知症」の予防と同様に、「夜間頻尿」も直視して、早期発見と、的確な治療が必要でしょう。
詳しくお知りになりたい方は、以下のリンクにアクセスしてください。
http://nhk.jp/gatten/?P1303060
posted by 鈴木文夫 at 21:20| 日記